保育方針

私たちの保育理念

豊かな自然:自然の中でのびのびと子どもを育てます
あたたかな人間関係:おとなとの愛情と仲間の中で子どもを育てます
ほんものの文化やあそび:豊かな文化やあそびの中で子どもを育てます
地域とともに:園と家庭、地域がいっしょになって子どもを育てます

苗間保育園のめざす子ども像

  • ●友だちと思いっきりあそび、自分の気持ちを素直に表現でき、人とつながって生きていく子ども
  • ●何にでも興味・関心をもち、自分でやってみようとする子ども
  • ●失敗を恐れないで挑戦し、仲間とともに学び、その経験を生かすこども
  • ●あそびの中でからだを動かす楽しさが分かる子ども
  • ●生活習慣を身につけ、健康な生活ができる子ども

保育・教育の目標

本園は、「保育所保育指針」を踏まえて、以下の教育・保育目標、保育内容、保育課程をかかげ、それをもとに具体的な計画を作成します。
まず、本園は、次の三つの教育・保育の目標をかかげます。

  • ① 人の愛情に支えられながら、基本的生活習慣を身につけ、健康な心とからだを育てます。
  • ② 楽しいあそびと生活の中で活動意欲を高め、感性、身体、手指、言葉の発達を促します。
  • ③ 大人との感情交流の中で自我を育て、友だちとの生活やあそびを通して、人とつながって生きる力を育てます。

本園は、保育理念を高くかかげて、乳幼児にふさわしいあそびや活動を通じて、生きる力の基礎を育てます。 また、<私たちのめざす子ども像>の姿こそ就学前の乳幼児の本来の姿であり、小学校への接続や将来の生きる力にもつながるものと考えます。

学期の目標

0歳児1学期一人ひとりの生活リズムを大切にし、新しい環境の中で安心して過ごす。
2学期先生や友だちとかかわり、楽しい刺激をたくさん受ける。
3学期積極的にいろんな人とかかわり、好きなあそびをたくさんする。
1歳児1学期信頼できる大人のもとで安心して生活できる。
2学期友だちといっしょにあそぶ楽しさを知る。
3学期友だちとふれ合い、大人の支えで相手にも思いがあることに気づく。
2歳児1学期先生との信頼関係ができ、安心して生活する。
2学期友だちといっしょを楽しむ。
3学期あそびや活動を友だちと楽しむ。
3歳児1学期新しい大人との信頼関係ができて、安心して生活ができる。
2学期友だちといっしょを楽しむ。
3学期身の回りのことができる。4~5人の集団で楽しくあそぶ。
4歳児1学期新しい生活に慣れ、楽しんであそべる。
2学期豊かな活動の中で、友だち関係をひろげる。
3学期クラスの友だちのことが分かり、共に生活する中で一人ひとりの自立心を伸ばす。
5歳児1学期集団の中で、一人ひとりが楽しんで活動する。
2学期考えて行動する力をつけ、仲間意識を育てる。
3学期一人ひとりの力を集団生活の中で発揮し、主体的に生活する。

月案などに具体化するときは、園児の経験や興味などを考慮して、ねらいを決め、園児が主体的にとりくめるあそびや活動を設定し、その環境をととのえます。

子どものその苗間保育園の保育過程

  • おおむね6ヶ月〜1歳3ヶ月
  • おおむね1歳3カ月~2歳
  • おおむね3歳〜4歳
  • おおむね5歳〜6歳
 おおむね 6ヶ月未満おおむね6ヶ月〜1歳3ヶ月
目標生理的要求がみたされ、安心して生活する
おとなとのスキンシップを通して人と関わることの心地よさを知る。
おとなとの安心できる関係から、自分の世界を広げていく。
からだを充分に動かし探索活動が活発になる。
人間関係泣く、笑うなど、全身を使って相手に要求を伝えようとする
好きなおとなを独占しようとする。
抱かれて安心する。
おとなにあやしてもらう。
ものや人に興味をもつ。
大好きなおとなができ、安心して生活する。おとなとの共感関係を喜ぶ。
他児に興味をもつ。
人見知りをする。
健康ミルクを充分に飲む。
空腹と満腹を知る。
色々な食材と味を知る。
咀嚼出来るようになる。
離乳食を食べさせてもらう。
安心して十分に睡眠をとる活動と睡眠の生活リズムが安定してくる
安心して十分睡眠をとる
気持ち悪いことを泣いて知らせる。おむつを替えてもらい、気持ちよくなることを知る。排便や排尿のことに気づく。
おとなの援助で不快を解消してもらう。
着替えさせてもらう。
衣服の調整をこまめにしてもらう。
着替えさせてもらう。
着替えを促されて手足を動かす。
汚れたら大人の援助できれいにしてもらう。
からだ手足を動かす。寝返りや腹ばいをする。
玩具に手を伸ばし、つかもうとする。赤ちゃん体操をしてもらう。
腹ばいやハイハイを十分にし、歩こうとする。
握る、引っ張り出す、落とすなど手指を使う。
自然心地よい刺激を受けて五感を働かせる。
自然にふれる。
身近な自然に興味をもち、五感を働かせる。自然にふれる。
学び声を出す。
おとなの対応や言葉かけに反応する。
快、不快を全身を使ってあらわす。
身近な環境に興味をもち、探索活動をする。
おとなの仕草や声かけに声を出す。指さしをする。
快、不快、喜怒哀楽を喃語や身振りであらわす。
いろいろな感触を知る。いろいろな感触を確かめる。
音楽を聴いてからだを動かす。
うた(わらべうたなど)を歌ってもらう。簡単な絵本などを楽しむ。
うた(わらべうたなど)やてあそびを楽しむ。
 おおむね1歳3カ月~2歳未満おおむね 2歳
目標おとなとの安心できる関係から自我を拡げていく。
友だちに関心を持ち関わろうとする。
からだを動かしてあそぶことを楽しむ。
自我を十分受けとめてもらう。
友だちとぶつかり合いながらも一緒にあそぶ楽しさが分かる。 充分にからだを動かしてあそぶ。
人間関係自分の思いを声や言葉、仕草で伝える。人との共管関係を心地よく感じる。
好きなおとなを独占しようとする。
自分の気持ちを通そうとする。
友だちのまねをする。
自分の気持ちを通そうとするが、おとなの支えで相手にも思いがあることに気づく。
模倣を楽しむ。人との共感関係を喜ぶ。
健康いろいろな食材に興味を持つ。
好きなものを楽しんで食べる。
手づかみで自分で食べようとしたり、食べさせてもらったりする。スプーンやフォークを使おうとする。
いろいろな食材に関心をもつ。
保育者や友だちと楽しみながら食事をする。
スプーンやフォークを使って食べる。
おとなに寝かしつけてもらい入眠する。促されて布団に入り大人に寝かしつけてもらう。
排尿や排便したことを言葉や仕草であらわす。
促されておまるや便器に座ってみる。
排尿、排便したことを言葉や仕草で知らせる。
促されてトイレに行く。
着脱に興味をもち、自分でしようとする。
保育者の援助で着脱する。薄着で過ごす。
清潔になることの心地よさを感じる。
簡単なものは自分で着脱しようとする。
保育者の援助で着脱する。薄着で過ごす。
おとなの助けで危険を知る。
からだ充分にからだを動かしてあそぶ。
変化のある場所を歩く。物をもって歩く。
リズムに合わせてからだを動かすことを喜ぶ。
指先でつまむ。
走る、はねる、坂道の上がり下りなどができるようになったことを喜ぶ。
充分にからだを使ってあそぶ。
リズムに合わせてからだを動かす。
指先を使ってあそぶ。
学びいたずら、探索活動を活発に行う。
おとなの言葉のまねをする
喃語や一語文を話す。
自分の思いや要求を言葉や仕草で伝える。
なぐり描きを楽しむ。
自分のすきなあそびをじっくりとあそぶ。みたて、つもりあそびを保育者とすることで、イメージを共有する喜びをする。
絵本を楽しむ。 うたや手あそびを一緒に楽しむ。
おとなの話す簡単な言葉の意味が分かる。
自分の思いや体験したことなどを言葉で伝えようとする。ぐるぐるのなぐり描きから丸が閉じてくる。描いたり作ったものに意味づけをする。
普通のイメージをもって保育者や友だちとあそぶことを楽しむ。みたて、つもり、ごっこあそびを楽しむ。
絵本を楽しむ。
うたや手あそびを一緒に楽しむ。
 おおむね 3歳おおむね 4歳
目標友だちとのぶつかり合いを経験し、相手の気持ちに気づく。友だちと一緒に体験したことを共感して楽しむ。
意欲的にからだを動かしてあそぶ。
おとなの支えで自分の思いを伝え、相手の気持ちをわかろうとする。友だちに認められて自信をもてるようになる。
人間関係自分の思うようにいかないことを体験し、おとなの支えで相手の気持ちを考えようとする。人との共感関係を求める。自分が大好き。 ごっこあそびを楽しむ。自分を他の子との比較でみるようになる。他の子へのあこがれの気持ちをもつ。
友だちと一緒にイメージの世界をふくらまして楽しむ。
健康いろいろな食材に興味を持つ。
嫌いなものでも励まされて食べようとする。
箸を使って食べようとする。友だちと楽しんで食べる。午睡の時間がわかる。
促されて布団に入り寝ようとする。
自分で尿意、便意を感じトイレで排泄する。
女児は排尿後、紙を使うことを知る。
保育者の声かけを受けて自分で着脱する。
前後の違いを知る。
薄着で過ごす。
おとなの助けで危険に気づき、危険をさけようとする。
食材に関心を持ち、意欲的に食べる。
苦手な食べ物も少しなら食べられる。
箸を正しく使おうとする。食器を持って食べ、配膳の手伝いをする。 自分から布団に入り寝ようとする。
排便後に紙でお尻を拭こうとする。
おとなの援助で靴を正しく履こうとする。必要に応じて自分で着替える。薄着で過ごす。
自分の持ち物がわかり、おとなの援助でかたづけようとする。おとなの助けで危険に気づき、危険をさけようとする。
からだ歩く、走る、くぐる、よじ登る、飛び降りるなど、からだを思い切り動かして遊ぶ。両足とびが出来る。1本橋などバランスをとって歩く。二つの違った動きを一つにまとめた運動ができる。 目と手の供応ができる。
自然季節のあそびを楽しむ。
季節の行事をおとなや友だちと楽しむ。
自然にふれながら友だちとあそぶ。
生き物にふれながらあそぶ。
季節による周りの変化に気がつく。
虫や草花などとってもらう。自分でもとろうとする。
学び自分の気持ちをことばで伝えようとする。
友だちとのやりとり、共感を楽しむ。
ぐるぐるのなぐり描きから丸が閉じてくる。
描いたり作ったものに意味づけをする。
自分の気持ちをことばで伝えようとする。
友だちとのやりとり、共感を楽しむ。
共通のイメージをもって保育者や友だちとあそぶことを楽しむ。みたて、つもり、ごっこあそびを楽しむ。 絵本を楽しむ。
うたや手あそびを楽しむ。
ことばで共通のイメージをつくって楽しむ。
ことばで相手との関係を調整しようとする。
自分の体験したこと、イメージしたものを絵で表現する。
仲間の中でやりとりをしながら、ごっこを楽しむ。
絵本を楽しむ。
うたや手あそびを楽しむ。
 おおむね 5歳おおむね 6歳
目標友だちや集団の中で自分の思いや考えをだし、友だちに認められることで、自信をつける。仲の良い友達ができる。一人ひとりの力を集団の中で発揮し、主体的に活動する。
人間関係安心でき、一緒にいて心地よい友だちが出来る。
仲の良い友だちやおとなを支えにしながら、新しい課題に挑戦する。
相手の良いところも、悪いところもわかりあう。
クラスの仲間と達成感や感動を共有しあう。
一つの目的に向ってみんなで協力しあう。
健康いろいろなものを食べる大切さがわかる。箸を正しく使う。
自分で配膳ができる。
当番を楽しんでする。
自分たちで調理して楽しむ。
自分でからだを休める。自分からトイレに行くようになる。排便後に紙でお尻が拭ける。
靴を正しく履ける。
自分で衣類の調節ができる。
薄着で過ごす。
自分の持ち物がわかり、おとなの援助でかたづけようとする。
おとなの助けで危険に気づき、危険をさけようとする。
自分の食べる量がわかる。
自分たちで調理して、食への関心が高まる。
当番の役割を理解して、主体的にとりくむ。
自分でからだを休める。
活動の前に自分でトイレに行けるようになる。
薄着で過ごす。
物の整理整頓やそうじの必要性がわかり、みんなでとりくむ。
自分で危険に気づき、危険をさける。
からだからだ全体の動きのバランスがとれるようになる。 同時に違う動きができる。スキップができる。
指先の力の加減ができる。
からだ全体の動きの調節が出来るようになる。
跳び箱など複合された運動ができる。
細やかな指先のコントロールができる。
自然収穫を楽しみにする。
自分で生き物を捕まえることで生き物に愛着をもつ。
見通しをもって栽培、飼育する。
生き物を自分で捕れるまで頑張る。どうやったら捕れるかを考えて工夫する。
自然の不思議や命について考える
学び草花、生き物にいろいろな種類があることに興味を持つ。物事を不思議に思い、知りたくなる。
友だちとのやりとり、共感を楽しむ。
文字に興味をもつ。
与えられた課題や共通のテーマで絵や作品をつくることができる。
仲間の中で、役割を楽しむことができる。
絵本を楽しむ。
うたや手あそびを楽しむ。
いろいろなことに疑問をもち、知りたくなる。
疑問に思ったことを調べわかろうとする。
文字を使って自分の思いを相手に伝える喜びを知る。
自分の表現したいものに合わせて、色や形を意識したり、素材を工夫したりする。
集団で目的意識やイメージを共有し、表現する活動を楽しむ。
絵本を楽しむ。
うたや手あそびを楽しむ。歌詞の意味や声の強弱を考えて歌う。

子どものその苗間保育園

所在地
〒356-0052 埼玉県ふじみ野市苗間 390-5
電話番号
049-264-3333
FAX
049-264-3334
定休日
日・祝日
URL
http://naema-sono.com/